中国Meizuは25日(現地時間)、1,298人民元(約21,000円)の主力スマートフォン「Note8」を発表した。中国では11月1日に発売する。

 同社のNoteシリーズは、同価格帯でトップクラスのユーザー満足度を達成しており、口コミによってユーザーが広がり、発売後継続的に販売数量が増加しているという。このためNote8も注力して開発した製品となっている。

 Note8の筐体は金属製とし、中間フレームの周囲に強化ナイロン素材、中央に高強度鋳造アルミ合金を採用するとともに、四隅に衝撃吸収バンパーを設けることで耐衝撃性を高めた。同社のラボによる試験では6,400回の落下テストもクリアしたという。

 発表会で解説した李南氏は、「われわれのエンジニアは、日々薄型軽量化や筐体デザインに苦労しているのに、ユーザーがスマホの背面カバーをつけてしまったらその苦労が台無しになる。Note8はカバーとおさらばできる」とした。

前モデルにあたる「M6 Note」は、この価格帯のスマホでは異例とも言えるソニーIMX362センサーを採用し、写真画質に好評を得ている。Note8でもこの特徴を踏襲した。また、2色のLEDフラッシュ、F1.9の大口径レンズ、Spectra 160 ISP、0.03秒でAF可能なデュアルPDAFを搭載。夜景や複雑な光源下でも優れたホワイトバランスと写真画質を実現するとしている。

SoCは同社としては初めてSnapdragon 632を採用。Snapdragon 625の後継にあたり、Kryo 250を8コア搭載する。同社が公開した模式図によれば、コアはCortex-A73×4+Cortex-A53×4のようだ。これにより性能は40%向上したとしている。

 また、後日提供されるOTAにより、中国で人気のMOBAゲーム「王者栄耀」のVulkanモードに対応。ミドルレンジのSoCながら、ほぼ60fpsに近いフレームレートを維持でき、“3,000人民元クラスのフラグシップモデルと対等に渡り合える”としている。

バッテリは3,600mAhと、従来のM6 Noteと比較して400mAh少なくなったが、最新SoCの採用およびシステムの最適化により、駆動時間が13.3時間から14.3時間に延長したとしている。また、Intel製モデムを採用した「iPhone XS Max」は信号が弱いことも引き合いに出され、Qualcommのモデムではその問題がないこともアピールされた。

 ディスプレイは従来の1,920×1,080ドット表示対応5.5型から、2,160×1,080ドット表示対応の6型となった。NTSC比83%の色域、1,500:1のコントラスト比、450cd/平方mの高輝度など、スペックが全面的に底上げされている。また、新たに濡れた手のままでも操作できるようになり、エッジの誤操作を防ぐ機能も搭載された。加えて、本体を持ち上げただけでスリープから復帰するようになった。

メモリは4GB、ストレージは64GB、OSはAndroid 8.0をベースとした「Flyme 7」。インターフェイスはMicro USB、IEEE 802.11a/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2+LEなどを搭載。センサーはホール、重力、環境光、近接、ジャイロ、電子コンパス、GPS、GLONASS、Beidou。

 デュアルNano SIMスロットを備え、うち1基はmicroSDと排他。対応バンド帯はFDD-LTEが1/3/5、TD-LTEが38/39/40/41、WCDMAが1/5/8、TD-SCDMAが34/39、CDMAがC0、GSMが2/3/5/8。

 本体サイズは75.5×153.6×7.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は168g。本体色はブラック、ブルー、パープル、レッドの4種類が用意される。