denchi-pc.jpのblog

高品質激安バッテリー、ACアダプター、電気製品 の専門店【denchi-pc.jp 】。ノートpc 充電池,ラップトップ充電池 、高品質pc充電池!新発売!安心な1年間保証付、100%の新品,即日発送,最大35%オフで販売。

2018年09月

新品互換 hp AA06XL ノートPCバッテリー交換8420mAh/96Wh HP AA06XL HP ZBook 17 G4-2ZC18ES Series5

HP AA06XL交換用 バッテリー 内蔵電池 HP AA06XL HP ZBook 17 G4-2ZC18ES Series 8420mAh/96Wh 11.4V~即日発送、1年完全保証付き。完全新品HP AA06XL パソコン バッテリーのオンラインショップ、【denchi-pc.jp】です。

hp AA06XL ノートPCバッテリー交換8420mAh/96Wh HP AA06XL HP ZBook 17 G4-2ZC18ES Series

  • 容量: 8420mAh/96Wh
  • 電圧: 11.4V

互換性のある部品番号:

対応機種:

HP ZBook 17 G4-2ZC18ES Series
HP ZBook 17 G4-1RR26ES Series
HP Z3R03UT Series

  • 新品互換 hp AA06XL ノートPCバッテリー、 HP AA06XL バッテリーでは低価格, 1年保証!
  • Denchi-pc.jp は2002年に設立されました。10年以上のネット贩売経験があります。
  • 当社が多くのお客様のニーズを満たすために安くて高性能な交換電池を提供しております。
  • HP AA06XL 互換 HP AA06XL HP ZBook 17 G4-2ZC18ES Series販売中, 8420mAh/96Wh 11.4V 用大容量ノートパソコン電池 1年間保証、PSE認証、ご安心購入!

ACER AC15A3J バッテリーAcer Chromebook 11 C735 Seriesでは低価格1年保証5

ACER AC15A3J 互換 Acer Chromebook 11 C735 Series 販売中, 3315mAh/39Wh 11.55V AC15A3J 用大容量ノートパソコン電池 1年間保証、PSE認証、ご安心購入!

AC15A3J 交換バッテリー3315mAh/39Wh ACER AC15A3J ノートPCバッテリー

  • 容量: 3315mAh/39Wh
  • 電圧: 11.55V

AC15A3J 交換バッテリー3315mAh/39Wh ACER AC15A3J ノートPCバッテリー

互換性のある部品番号:

対応機種:

Acer Chromebook 11 C735 Series
Acer Chromebook 11 C735-C7Y9 Series
Acer Chromebook 11 CB3-131 Series
Acer Chromebook 11 CB3-131-C1CA
Acer Chromebook 11 CB3-131-C3KD
Acer Chromebook 11 CB3-131-C3SZ
Acer Chromebook 11 CB3-131-C4RW
Acer Chromebook C738T Series
Acer Chromebook R 11 C738T Series
Acer Chromebook R 11 CB5-132T Series
Acer Chromebook R 11 CB5-132T-C8ZW
Acer Chromebook R11 Series
Acer Chromebook R11 CB5-132T
Acer Chromebook R11 CB5-132T-C32M
Acer Chromebook R11 CB5-132T-C732
Acer Chromebook R11 CB5-132T-C8KL

ここで、バッテリーについての最新知識をお伝えしましょう。

1、充電量を低く保つ。
2、ACER AC15A3Jバッテリーパックやパソコンを、高温の環境下に放置しない。
3,パソコンを長時間使用しないときは、ACアダプターをはずす。1か月以上バッテリーパックを使わないときは、充電容量50%前後の状態で本体からACER AC15A3Jバッテリーパックをはずし、湿度の低い冷暗所に保管する。
4、端子のショートを避けるため、ビニール袋などに入れ、段ボールなどの電気を通さない箱に保管する。
5、複数保管時は、バッテリーパックが重ならないようにする。
6、落下による衝撃などを避け、安定した場所に保管する。
7、過放電を避けるため、半年に1回程度、50%程度に充電する。
8、ACER AC15A3Jバッテリーは、充電量を低く設定する(100%まで満充電しない)ことにより、寿命を長く保つことができます。
9、指定する充電方法以外でバッテリーを充電しないでください。
10、火の中に入れない。ショートさせたり、分解しない。
11、電子レンジやオーブンで加熱しない。
12、コインやヘヤーピンなどの金属類と一緒に携帯、保管するとショートすることがあります。
13、火のそばや炎天下などで充電したり、放置しない。
14、落とすなどして強いショックを与えたり、重いものを載せたり、圧力をかけないでください。故障の原因になります。
15、バッテリーに衝撃を与えない。
16、バッテリー駆動時間が短くなった場合には、純正の新しいACER AC15A3Jバッテリーと交換してください。

APPLE A1494バッテリー/低価格アップル A1494電池5

高品質の互換APPLE A1494バッテリー販売中。95WH apple 用大容量ノートパソコン電池【A1494】、激安! 新品Apple MacBook Pro 15 Retina A1398 (Late 2013 mid2014)対応 PCバッテリー。安心な1年間保証付、100%の新品, 即日発送,30%の割引がある !

APPLE A1494バッテリー

互換性のある部品番号:

対応機種:

Apple Macbook Pro 15" A1398 Retina Late 2013 & Mid 2014
ME293 ME294
MacBook Pro 15" Retina Display Late 2013
2.0 GHz (IG, Late 2013)
2.3 GHz (DG, Late 2013)
2.3 GHz (IG, Late 2013)
2.6 GHz (DG, Late 2013)
2.6 GHz (IG, Late 2013)
MacBook Pro 15" Retina Display Mid 2014
2.2 GHz (IG, Mid 2014)
2.5 GHz (DG, Mid 2014)
2.5 GHz (IG, Mid 2014)
2.8 GHz (DG, Mid 2014)
2.8 GHz (IG, Mid 2014)

APPLE A1494バッテリー

APPLE A1494バッテリー

  • 新品互換 アップル A1494 ノートPCバッテリー、 APPLE A1494 バッテリーでは低価格, 1年保証!
  • Denchi-pc.jp は2002年に設立されました。10年以上のネット贩売経験があります。
  • 当社が多くのお客様のニーズを満たすために安くて高性能な交換電池を提供しております。
  • APPLE A1494 互換 Apple MacBook Pro 15 Retina A1398 (Late 2013 mid2014) 販売中, 95WH 11.26V 用大容量ノートパソコン電池 1年間保証、PSE認証、ご安心購入!

ノートPCの電池を長持ちさせる方法について。

1) アップル PC電池をPCから外し、冷暗所に保存する。つまり、ACアダプターのみで使用する。但し、PCからAPPLE A1494電池を外すときは約50%の容量状態にしてからにする。また、必ず半年に1回の割合でPCに接続し、充電する。
2)PCを使用しないときはPCからACアダプターを外しておく。例えば、職場から帰るときは外す、自宅から出勤する時は外す。 3)1ヶ月に1回はACアダプターを外して電池だけでPCを使用する。
4)どちらかというと、(1)が良いようです。なぜなら、(2)、(3)は充電時に電池、PC本体が温度上昇して、PCの動作が遅くなるからです。

USBメモリをフォーマットする5

サイズが大きいファイルの受け渡し、どうしてますか? ZIPにまとめてメール添付できるファイルサイズであればともかく、5MBを超えるあたりから相手の迷惑も考えなければなりません。今回は、量が嵩張るファイルの受け渡しに便利なUSBメモリを対象に、ストレージのフォーマット方法を紹介します。

USBメモリに適したフォーマット形式

パソコン間でデータの受け渡しを行う方法はいくつもあります。メールに添付して送信する、オンラインストレージにアップロードしてURLを伝える、物理メディアにコピーし手渡しする……データの重要度や急ぎ具合など状況によって判断も変わりますが、受け渡しするデータの容量が大きい場合は物理メディアが有利です。

物理メディアを選択する場合、最初に候補として挙がるのは「USBメモリ」でしょう。8~16GBという大容量のものが1,000円前後で購入でき、約束事に注意さえすればMacだろうがWindowsだろうが読み書きできます。

その約束事とは、「フォーマット形式」です。MacであればAPFSかHFS Plus、WindowsであればNTFSで内蔵ストレージがフォーマット(初期化)されているはずで、USBメモリも同じ形式でフォーマットすることは可能ですが、現実的な選択とはいえません。

なぜなら、パソコン(OS)によって対応するフォーマット形式が異なるからです。macOSの場合、NTFSの読み取りは可能ですが書き込みはできません。Windowsの場合、APFSとHFS Plusは読み書きいずれも非対応です。サードパーティー製ソフトを導入すればその限りではありませんが、費用と手間を受け渡し相手に強いることになり現実的ではありません。

データの受け渡しを目的とするストレージは、どのOSでも確実に読み書きできるフォーマット形式を選択すべきです。それが「FAT32」、パソコン創世記に利用されたMS-DOSというOSのフォーマット形式「FAT」の機能拡張版です。APFSやNTFSと比較すると機能的に劣る点はありますが、1つの領域(パーティション)として確保できる容量は最大2TB(テラバイト/1TB=1,000GB)、最大4GBのファイルを保存できます。解像度が4Kの動画ファイルのように、4GBを越えてしまいがちなファイルは苦手ですが、MacでもWindowsでもほとんどの書類を読み書きできます。

USBメモリをフォーマットする前に

市販のUSBメモリはフォーマット済の状態で販売されているため、難しいことを考えなくても他のパソコンとデータを受け渡しできます。しかし、使用済のものを使い回すとなると、面倒に巻き込まれることも……ここでは、USBメモリなどのモバイルストレージをフォーマットする前の注意点を紹介します。

  • フォーマットするとすべて消える

Macに限らず、パソコンでフォーマットといえば「初期化」です。ルールに従いデータを記録できるよう道筋をつけるための処理で、そのとき対象領域は"まっさらな状態"、つまり内容がすべて消去されます。いちど消去されたデータ(ファイル)は復元困難ですから、作業を開始する前に中身を確認しておきましょう。

  • 「ディスクユーティリティ」で初期化する

MacでUSBメモリをフォーマットするときには、ユーティリティフォルダに収録されている「ディスクユーティリティ」を利用します。このアプリを起動し、初期化したいUSBメモリを選択して「消去」ボタンをクリック、フォーマット形式を選択したうえで「消去」ボタンをクリックすればOKです。操作は取り消しできないため、細心の注意を払いましょう。

  • 「MS-DOS(FAT)」と「exFAT」のどちらを選ぶか

MacとWindowsの両方で確実に読み書きできるファイルシステムは、「FAT32」(旧規格のFATを含みます)と「exFAT」の2種類です。ただし、FAT32は原則として32GB以下のストレージが対象とされ、Windows 2000以降は32GB以上をFAT32でフォーマットできない仕様です。つまり、USBメモリのサイズが32GB以下の場合は「MS-DOS(FAT)」を、32GB以上の場合は「exFAT」を選ぶのが想定されています。

ただし、Macでディスクユーティリティを使えば、32GB超のUSBメモリもFAT32で初期化できます。Windowsでも変わらず読み書きできるので、exFATを読み書きできない旧式のパソコンがある場合はこの方法を使うといいでしょう。

  • もし「パーティション有り」のUSBメモリに遭遇したら

ハードディスクやSSDとは異なり、USBメモリやSDカードにパーティション(ストレージ上の論理領域)を設けることは通常ありません。しかし、複数のパーティションが設けられたストレージをディスクユーティリティで表示すると、macOSがサポートしないパーティションは表示されず、結果としてUSBメモリ全体を消去できなくなります。

パーティションがあるUSBメモリを初期化する場合には、ディスクユーティリティ左上の「表示」ボタンをクリックし、「すべてのデバイスを表示」を選択します。すると、それまで表示されていたボリュームの上位にストレージ全体を表すアイコンが現れ、ストレージ全体を選択できるようになります。

Apple Watch Series 4先行実機レビュー さっそく腕に巻いて走ってみた!5

Apple Watch Series 4の魅力は、ディスプレイのサイズアップと、スタミナ強化にあると考えているのは既に書かせてもらった通り。今回は発売前の実機を手にすることができましたので、ランニング用途を中心に実際使ってみて気づいたことをレポートいたします

ランニングでの使い勝手はいかに?

Apple Watch Series 4の実機を手にした時点で、一つやりたいことがありました。それは思いっきり走ってやろうということ。Series 3と比べてバッテリー持ちが1時間伸びたのですから、42.195キロまでとはいかずとも、6時間のワークアウトを実行してみたいという気持ちがあったのです。


しかしながら、筆者の体力では、たとえハーフマラソン程度の距離でも、その後の1~1.5日間は屍と化すでしょう。その状態で原稿を書くなんて確実に無理です。ここ数日原稿に追われて徹夜続きだったことも祟り、もし走れば間違いなく倒れるはず。


おっ、倒れる。なるほど転倒検知機能も試せるかもしれない......。なんて一瞬頭をよぎりましたが、流石に自身の身を案じて、今回は2~3キロの軽めのランを数回行うだけに留めます。筆者のスタミナもアップデートしておけば良かった。

さて、今回実際に手にしたのは44mmモデルのApple Watch Series 4でした。写真を表示すると、ディスプレイのサイズ感がわかりますね。アルミニウムケースを採用するので、ディスプレイが大型化したとは言いつつも、軽いつけ心地はずっと維持されていました。ランニングで使用する際にも、ほとんど気になりません。


一方で、ランニングしながらペース配分をチェックするには、44mmモデルの大画面が最適でした。タイムだけでなく、リアルタイムの心拍数、ローリングタイム(直前のペース)、平均ペース、走行距離などがワークアウト中の画面に一覧表示されますので、これらを大きな文字で確認できるのはありがたい。

実際にマラソン大会などに出場し、タイムを意識して走る場合にも、ちらっと見ただけで、こうした数字が把握できることは重要。ディスプレイが大きくなったのは多くのランナーにとって喜ばしいことと言えるでしょう。


さて、watchOS 5の新機能には、ワークアウトの開始・終了操作を忘れたことをアラートしてくれるというものがあります。これを試すために、あえて開始・終了操作をしないで走り出してみることも試みました。

ランニング開始後に数分が経過すると「ワークアウト中のようですね。」という通知画面が表示され、同画面から「屋外ランニングを記録」という操作が行えました。そして、記録していなかったスタートからその時点までのデータも反映したうえで、ワークアウトが起動するというお利口ぶり。せっかく早起きしてジョギングしたのに記録し損ねてがっかりするなんて事態は防げそうです。

同じく、ランニングを終了したままアプリを停止し忘れていると、数分で「ワークアウトを終了しましたか?」という通知が現れます。そこで「ワークアウトを終了」をタップすれば、測定完了できるという仕様です。ワークアウトが起動していると数時間でかなりのバッテリーを消費してしまいますので、消し忘れ防止機能の追加は、朝ラン派の皆さんにとっては不意の電池切れを防ぐ良い保険となるでしょう。


ちなみに、これらの機能が不要な場合には、iPhoneのApple Watchアプリから設定でオフにすることも可能です。

Siriの反応のスピードをwatchOS 5をインストールしたSeries 3とSeries 4で比較したところ、Seires 3だと「明日の天気は」 「・・・・明日は傘をお持ちください」、Series 4では「明日の天気は」 「・明日は傘をお持ちください」くらいの差がありました(秒数で言うと1秒以内でしょうが)。おそらく、新モデルに搭載されたデュアルコア64ビットのS4チップや、強化されたアンテナなどが貢献してくれていそうです。ただ、通信環境やペアリングするiPhoneによって、結果は変わるかもしれませんので、その点はご了承ください。


また、watchOS 5では、腕を持ち上げるだけでSiriが起動するという機能が追加されています。つまり、「ヘイSiri」と言ったり、デジタルクラウンを長押ししなくても使えるようになったわけです。Siriの反応にスピード感があると、なお嬉しい。


筆者が試みた範囲でのコツは、Apple Watchの画面が消灯した状態で、腕を持ち上げ、ディスプレイが顔の正面に向くような角度で口元まで腕をあげること。そして、画面が起動したのちに、フレーズを述べればSiriが認識してくれやすいです。

スピーカーの音量はSeries 3と比べるとかなりアップしていて、手をおろしていてもSiriのレスポンスが十分に聞こえます。ただし、街中で急にこの音量が出ると日本ではちょっと恥ずかしい思いをするかもしれません。Apple Watchの「設定」アプリ内にある「一般」から「Siri」の「声の音量」を調整すれば程よい音量に変更できるので、覚えておくと良いですよ。


ボタン周りの操作感についても少し触れておくと、デジタルクラウン(リューズ)をくるくると回す際に起こる、ハプティックフィードバックによる振動がとても心地よいです。デジタルクラウンを回すと、まるでケース内にある小さな歯車が「カリカリカリ」と回るような感覚が味わえます。ちなみに、表示しているアプリによっては「トントントン」というリズムに変わるなど、一様ではありません。「使っているときに心地よい」っていうだけですが、毎日肌に触れる製品ですので、こういう部分も重要ですよね。

できればGPS + Cellularモデルにしておこう

Series 4でデザインや使い勝手の完成度をますます高めてきたApple Watch。価格は少々上がってしまいましたが、アップデートの内容を考えると妥当でしょう。今回は間違いなく"買い"だと筆者は思います。

なお、GPSモデルとGPS + Cellularモデルのどちらを買うべきか、と悩む人が多いかもしれませんが、筆者としてはGPS + Cellularモデルをおすすめします。冒頭では冗談で書きましたが、Apple Watchには緊急通報機能も搭載されているからです。転倒時でなくとも、サイドボタンを長押しして、緊急SOSをスワイプすれば同様の機能が手動で利用できます。


その場合、携帯電話会社の通信プランを契約する必要があるので、小額の維持費は発生します。でも、もしランニングなどでスマホを持たずに屋外にいる際でも、緊急通報機能を利用できるのは安心ですよね。また、何かトラブルがあった時に、電話やメッセージで連絡を取ることも可能です。watchOS 5では「トランシーバー」アプリも登場しましたので、こちらも有効活用できるでしょう。

ギャラリー
カテゴリー
  • ライブドアブログ