denchi-pc.jpのblog

高品質激安バッテリー、ACアダプター、電気製品 の専門店【denchi-pc.jp 】。ノートpc 充電池,ラップトップ充電池 、高品質pc充電池!新発売!安心な1年間保証付、100%の新品,即日発送,最大35%オフで販売。

2018年05月

携帯電話のバッテリー HTC NEXUS 9 (8.9) OP82100 HTC Flounder

HTC B0P821007交換用 バッテリー 内蔵電池 htc 25Wh / 6700mAh 3.8V~即日発送、1年完全保証付き。完全新品HTC B0P821007 パソコン バッテリーのオンラインショップ、【denchi-pc.jp】です。HTC PCバッテリー交換修理価格一覧。 

B0P821007


互換性のある部品番号:

35H00218-00M B0P82100 B0P821007

対応機種:

both 16gb and 32gb WI-FI Versions of the NEXUS 9 (8.9") Tablet Series 
HTC Flounder. Google Nexus 9 (0P82100)
  • 新品互換 htc B0P821007 ノートPCバッテリー、 HTC B0P821007 バッテリーでは低価格, 1年保証!
  • Denchi-pc.jp は2002年に設立されました。10年以上のネット贩売経験があります。
  • 当社が多くのお客様のニーズを満たすために安くて高性能な交換電池を提供しております。
  • HTC B0P821007 互換 HTC NEXUS 9 (8.9) OP82100 HTC Flounder 販売中, 25Wh / 6700mAh 3.8V 用大容量ノートパソコン電池 1年間保証、PSE認証、ご安心購入!


バッテリーについての一般的な知識

スマホ/充電アクセサリの電池を長持ちさせる方法について。

    

1) HTC 携帯電話電池をPCから外し、冷暗所に保存する。つまり、ACアダプターのみで使用する。但し、PCからHTC B0P821007電池を外すときは約50%の容量状態にしてからにする。また、必ず半年に1回の割合でPCに接続し、充電する。
2)PCを使用しないときはPCからACアダプターを外しておく。例えば、職場から帰るときは外す、自宅から出勤する時は外す。 3)1ヶ月に1回はACアダプターを外して電池だけでPCを使用する。
4)どちらかというと、(1)が良いようです。なぜなら、(2)、(3)は充電時に電池、PC本体が温度上昇して、PCの動作が遅くなるからです。

ここで、バッテリーについての最新知識をお伝えしましょう。

1、充電量を低く保つ。
2、HTC B0P821007バッテリーパックやパソコンを、高温の環境下に放置しない。
3,パソコンを長時間使用しないときは、ACアダプターをはずす。1か月以上バッテリーパックを使わないときは、充電容量50%前後の状態で本体からHTC B0P821007バッテリーパックをはずし、湿度の低い冷暗所に保管する。
4、端子のショートを避けるため、ビニール袋などに入れ、段ボールなどの電気を通さない箱に保管する。
5、複数保管時は、バッテリーパックが重ならないようにする。
6、落下による衝撃などを避け、安定した場所に保管する。
7、過放電を避けるため、半年に1回程度、50%程度に充電する。
8、HTC B0P821007バッテリーは、充電量を低く設定する(100%まで満充電しない)ことにより、寿命を長く保つことができます。
9、指定する充電方法以外でバッテリーを充電しないでください。
10、火の中に入れない。ショートさせたり、分解しない。
11、電子レンジやオーブンで加熱しない。
12、コインやヘヤーピンなどの金属類と一緒に携帯、保管するとショートすることがあります。
13、火のそばや炎天下などで充電したり、放置しない。
14、落とすなどして強いショックを与えたり、重いものを載せたり、圧力をかけないでください。故障の原因になります。
15、バッテリーに衝撃を与えない。
16、バッテリー駆動時間が短くなった場合には、純正の新しいHTC B0P821007バッテリーと交換してください。

















起動時や動作の速度が異常に遅いときの対処法

今回のご相談内容は、お手持ちの他社ノートPCにて、最近、起動速度や動作スピードが異常に遅くなったというものでした。

Windowsの起動は確認できましたが、動作スピードが遅くなっている原因として、ハードディスクにエラーが見つかりました。
このまま使用し続けるとデータが消えてしまう可能性がありましたので、すぐに該当パーツの交換をご提案いたしました。

故障パーツの交換をする際、よりパソコンを速くしたいというご要望がありましたので、ハードディスクから、より高速なSSDへ交換を実施しました。
これによりパソコンの起動が劇的に速くなり、ご満足頂くことができました。

また、クローン(コピー)でデータ引越しを行いましたので、今迄使用していたソフト等もそのまま使用する事ができ、ご自宅に帰ってすぐに使用できる状態になりました。

“ハードディスクのライフサイクルレコーダー兼、寿命示唆装置”SMARTの実体について

HDDには、製造直後からの使用状況が記録されています。
それらの情報をもとに、自己診断を行い、異常値が出た場合は警告が出ます。
ハードディスク内蔵の、この自己診断機能はSelf-Monitoring Analysis and Reporting Technologyといい、頭文字をとってS.M.A.R.T.と略称されます。

SMARTからは様々な情報がわかります。
例えば、読み取りエラーの発生率、読みこみ・書きこみの速度、モーターの起動や停止の通算回数や出荷以来の通算での通電時間や、ディスクが固定位置からどれくらいずれたかという距離などです。

SMARTはそれらをカウントし、接続されたパソコンなどに通知してくれるのです。
ATAやSCSIという仕様で診断項目等が定義されていまして、現在では大半のハードディスク、およびSSD製品が対応しています。

ハードディスクの筐体に内蔵された回路が、数十もの項目を観測・測定していて、コンピュータの本体側から、読み取ることができます。
また、あらかじめ設定・設計された基準値と比較して、異常な数値が観測されると、警告を発するように設定することもできます。

SMARTで全ての障害を予見できる訳ではありませんが、内部の部品の経年劣化等が原因となって起きる障害は、観測・測定結果の変動からある程度わかる場合もあります。
したがって、完全にハードディスクが壊れ、データ読み出しができなくなる前に、障害への対処を行えるのです。 これは、大きなメリットといえます。

なお、各検査項目には、「現在の値」「しきい値」「ワ-スト値」「生の値」の4項目が設定されています。
現在値、またはワースト値がしきい値を下回るようなことがあれば、データバックアップ、ハードディスク交換など、しかるべき必要処置をすべきだと考えられます。

ただし、これらの数値がどのような方法により算出されているかは、各ハードディスクのメーカーによって異なります。
そのため、一概に、どの数値がどうなっていればOKとは言い切れない点もあるのです。

また、Temperature(C2)(筐体温度)やReallocated Sectors Count(05)など、「生の値」が重要な項目も存在します。

B0P821007 HTC NEXUS 9 (8.9") OP82100 HTC Flounder

パソコンの電源が入らなくなった時の対処法

今回のご相談は、お手持ちのDELL VWindowstroについてです。
Windowsを使用中にパソコンの電源が切れてしまい、その後電源が入らなくなってしまったというご相談内容でした。
パソコン本体の電源が入らないということは、まず電源ユニットと呼ばれるパソコンを動かす働きをしているパーツの故障が考えられます。

そこで、電源ユニットの状態を検査できるワットチェッカーという専門器材で確認したところ故障を発見しました。
電源ユニットは消耗品であり、故障した場合は修理ではなく交換が必要となります。

そのため、故障していた電源ユニットの取り換え作業を行いました。
最後に簡単なチェック作業を行い、パソコンが正常に動くことを確認して作業を完了としました。

電源が入らなくなった時の予備知識

パソコンの電源スイッチをオンにしても稼働しない場合、電源が入っていないのか、それとも電源が入っているのに画面が先に進まないのかを確認してください。
これらは電源ランプの点灯や冷却ファンの稼働などで確認ができます。

電源自体が入っていないようでしたらまずは電源ケーブルを確認してください。
電源ケーブルの断線や、パソコン本体側の差し込み口は固いのでしっかりとささっていないことも考えられます。 それらが確認できたら、放電措置を取ってみましょう。

パソコンは長時間使っていると、内部が帯電してしまい、正常に動かなくなることがあります。
デスクトップパソコンで放電措置を行う場合は、まずパソコンの電源を切った状態で、電源コードをコンセントから抜き、そのまま数分待ちます。
そして、コードを元通りにし、電源が入るか確認してください。

上記の方法で電源が入るようになることがありますが、それでも直らない場合は今回のケースのように電源ユニットの故障が考えられるので、電源ユニットを確認してみましょう。
電源ユニットとは、家庭用のコンセントから供給される電流をパソコンで使えるように変換する働きをしているパーツのことです。

また、パソコンのグラフィックボードやCPUなどの各パーツに合わせて電圧を調節して電流を供給する役割もしています。
そのため、パソコンの心臓部とも言われているとても重要なパーツです。

電源ユニットが故障すると、電源スイッチを押しても通電しなくなるので電源が入らなくなることや、電圧が正常に調整できなくなることもあるのでパソコンの不調の原因になります。
故障した際は、電源ユニットだけを交換することができるので、消耗品という見方もされていて、約2年おきに取り換えるという方もいらっしゃいます。

その場合、質の高い電源ユニットは多くの電力を供給でき、稼働時の音が静かであるので、価格とスペックを比較しながら選ぶのが良いでしょう。

Bootファイルの損傷が原因になってWindowsが起動しない場合

当社製パソコンのWindowsが起動しなくなる事例について

今回、お客様からご相談内容は、お持ちのPrime GALLERIA HXにおいて、Windowsアップデート中に時間がかかるため強制終了したところWindowsが起動しなくなってしまったという症状についてでした。
通常、Windowsが起動しなくなる原因には色々考えられますが、今回の場合は、Windowsアップデートの途中で電源を切ってしまったことがきっかけとなってファイルが壊れてしまった可能性があると推測しました。

そこで、調査したところ、実際に、Windowsを起動する為に必要になるファイルにエラーが生じていることが確認できたので、破損ファイルに対して修復作業を行いました。
Bootファイルの破損に原因があったため、アップデート中に強制終了した状態の前に復元しました。

修復後はWindowsが正常に起動することが確認でき、元々あったデータを消去することもなく、使用できる状態でお客様にお返しすることができました。

故障の原因の追及と修復について

パソコンを使っているとフリーズしてしまったり、トラブルが起きたりして、作業ができなくなってしまう場合がありますね。
時間的に余裕があればいつまでも気長に待っていることもできますが、急いで行わなければいけない仕事などがあると、ずっと待っているわけにもいきません。
そのため、つい強制終了をしてしまうこともあるのではないでしょうか。

強制終了をして、それで問題がなければ良いのですが、そのことがきっかけとなって、Windowsが起動しなくなってしまうという経験をされたことがある人も少なくないでしょう。
強制終了はできるだけしないのが良いのですが、全く動かなくなってしまったような場合は、強制終了するしかない場合もあります。

強制終了の結果、Windowsが起動しなくなった場合、Windowsファイルが故障した可能性も考えられます。
そこで、実際に故障の原因を推測するには、次の方法があげられるでしょう。

電源を入れる
画面がどこまで進むのか確認する
電源自体が入らないときは、電源ユニットなどのハードウェアの故障が考えられるでしょう。
電源を入れたときは問題なくても、その後、どの画面まで進行するのかチェックしてみてください。

BIOSの画面が出ないのであれば、その段階で壊れている可能性も考えられますし、Windowsのロゴが出なかったり、ロゴが出てもその先から進まなかったり、というのであれば、Windowsファイルが破損している可能性も考えられます。
Windowsファイルが故障している場合は、Windowsを修復することが必要になります。

Windowsに不具合が見られる場合、考えられる対策方法としては、次の方法が考えられます。

セーフモードでWindowsを起動する
必要なファイルにアクセスしてバックアップを取ったりする場合は、セーフモードで起動して、ファイルにアクセスするという方法があります。
しかし、セーフモードでも起動できない場合には、Windowsの修復が必要になるでしょう。

例えば、今回のお客様のケースでは、Bootファイルの破損が原因になっていました。
Bootファイルが破損した場合は、そもそもWindowsを起動していますという画面が出なかったり、途中で止まってしまったりすることがあります。
では、Windowsをセーフモードでも起動できない場合はどうしたら良いのでしょうか?

Windowsのインストールメディアを用意する
パソコン購入時についてきたWindowsのインストールメディアを使用すると破損したWindowsを修復することができます。
では、修復方法について簡単に説明すると、次のとおりです。

起動ディスクを入れる
メニューから「コンピュータを修復する」を選ぶ
「スタートアップ修復」を選択する
この方法で、修復できれば再び起動できるようになる可能性はありますが、簡単に修復できない場合もあります。
Windowsのソフトの中には色々な種類がありますが、その中の一部のファイルが破損するだけで全く起動しなくなるケースも少なくありません。
そこでファイルを修復することで、この状態から復元できる可能性はあるのですが、一般の方が対応するには簡単な方法とは言えないでしょう。

しかし、上手く修復ができれば、元のデータを消さずに復旧することも可能です。
Windowsの起動ディスクを使用すれば、他に、システムの復元などを行うことも可能です

09VJ64 交換バッテリー44WH DELL 09VJ64 ノートPCバッテリー

DELL 09VJ64交換用 バッテリー 内蔵電池 デル 44WH 11.1v~即日発送、1年完全保証付き。完全新品DELL 09VJ64 パソコン バッテリーのオンラインショップ、【denchi-pc.jp】です。デル PCバッテリー交換修理価格一覧。

09VJ64


互換性のある部品番号:

対応機種:

  • 新品互換 デル 09VJ64 ノートPCバッテリー、 DELL 09VJ64 バッテリーでは低価格, 1年保証!
  • Denchi-pc.jp は2002年に設立されました。10年以上のネット贩売経験があります。
  • 当社が多くのお客様のニーズを満たすために安くて高性能な交換電池を提供しております。
  • DELL 09VJ64 CFF2H 互換 Dell Inspiron 13ZR 13ZD N301ZD N301ZR 販売中, 44WH 11.1v 用大容量ノートパソコン電池 1年間保証、PSE認証、ご安心購入!


バッテリーについての一般的な知識

ノートPCの電池を長持ちさせる方法について。

    

1) デル PC電池をPCから外し、冷暗所に保存する。つまり、ACアダプターのみで使用する。但し、PCからDELL 09VJ64電池を外すときは約50%の容量状態にしてからにする。また、必ず半年に1回の割合でPCに接続し、充電する。
2)PCを使用しないときはPCからACアダプターを外しておく。例えば、職場から帰るときは外す、自宅から出勤する時は外す。 3)1ヶ月に1回はACアダプターを外して電池だけでPCを使用する。
4)どちらかというと、(1)が良いようです。なぜなら、(2)、(3)は充電時に電池、PC本体が温度上昇して、PCの動作が遅くなるからです。

ここで、バッテリーについての最新知識をお伝えしましょう。

1、充電量を低く保つ。
2、DELL 09VJ64バッテリーパックやパソコンを、高温の環境下に放置しない。
3,パソコンを長時間使用しないときは、ACアダプターをはずす。1か月以上バッテリーパックを使わないときは、充電容量50%前後の状態で本体からDELL 09VJ64バッテリーパックをはずし、湿度の低い冷暗所に保管する。
4、端子のショートを避けるため、ビニール袋などに入れ、段ボールなどの電気を通さない箱に保管する。
5、複数保管時は、バッテリーパックが重ならないようにする。
6、落下による衝撃などを避け、安定した場所に保管する。
7、過放電を避けるため、半年に1回程度、50%程度に充電する。
8、DELL 09VJ64バッテリーは、充電量を低く設定する(100%まで満充電しない)ことにより、寿命を長く保つことができます。
9、指定する充電方法以外でバッテリーを充電しないでください。
10、火の中に入れない。ショートさせたり、分解しない。
11、電子レンジやオーブンで加熱しない。
12、コインやヘヤーピンなどの金属類と一緒に携帯、保管するとショートすることがあります。
13、火のそばや炎天下などで充電したり、放置しない。
14、落とすなどして強いショックを与えたり、重いものを載せたり、圧力をかけないでください。故障の原因になります。
15、バッテリーに衝撃を与えない。
16、バッテリー駆動時間が短くなった場合には、純正の新しいDELL 09VJ64バッテリーと交換してください。


















ギャラリー
カテゴリー
  • ライブドアブログ