denchi-pc.jpのblog

高品質激安バッテリー、ACアダプター、電気製品 の専門店【denchi-pc.jp 】。ノートpc 充電池,ラップトップ充電池 、高品質pc充電池!新発売!安心な1年間保証付、100%の新品,即日発送,最大35%オフで販売。

携帯電話のバッテリー Lenovo Vibe A7020 K52t38 K52e78 K5 Note K5Note5

Denchi-pc.jp:購入品質内蔵交換用バッテリー、BL261リチウム イオン携帯電話の バッテリー の ため のLenovo Vibe A7020 K52t38 K52e78 K5 Note K5Note、3500MAH/13.37Wh 。当社の強み★低価格、高品質!安心と信頼の国内PSE規格取得!対応新品レノボ互換用電池

BL261

产品规格

  • のブランド:Lenovo
  • 容量:3500MAH/13.37Wh
  • 入力電圧:3.82V/4.4V
  • カラー:
  • 充電池種類:Li-ion

互換性のある部品番号:

対応機種:

Lenovo Music Lemon K5 Note K52t38 K52e78
Lenovo Vibe A7020 K52t38 K52e78 K5 Note K5Note

Lenovo BL261

新品互換 レノボ BL261 ノートPCバッテリー、 LENOVO BL261 バッテリーでは低価格, 1年保証!

Denchi-pc.jp は2002年に設立されました。10年以上のネット贩売経験があります。

当社が多くのお客様のニーズを満たすために安くて高性能な交換電池を提供しております。

LENOVO BL261 互換 Lenovo Vibe A7020 K52t38 K52e78 K5 Note K5Note 販売中, 3500MAH/13.37Wh 3.82V/4.4V 用大容量ノートパソコン電池 1年間保証、PSE認証、ご安心購入!

iPhoneで動画の音質を最適化するアプリ「音圧爆上げくん」がリリース5

音圧爆上げくん


株式会社音圧爆上げくんは、iPhoneで動画音声を自動マスタリングできるアプリ「音圧爆上げくん」を提供開始した。App Storeから無料でダウンロードできる。


同アプリは、同社が以前からウェブサービスとして提供していた自動マスタリングサービス「音圧爆上げくん」をiPhoneアプリに移植したもので、音声の音量や音質を自動で最適化し、誰でも簡単に良い音で動画や音楽を配信できる。


他の動画編集アプリで編集した動画の音声に自動マスタリングを使用して音質を向上させることも可能で、YouTubeラウドネスノーマライゼーション仕様に準拠しており、YouTubeで他の動画より音が小さくて迫力に欠けてしまうことを防止できる。また、動画に含まれるノイズを軽減するノイズリダクション機能も搭載している。

「Snapdragon 855」が正式発表、2019年前半登場の5Gスマホに搭載5

Qualcommは、アメリカ合衆国ハワイ州マウイ島において、同社のプライベートテックイベント「Snapdragon Tech Summit」を12月4日~12月6日の3日間にわたり開催している。

 このなかで、同社の主力製品であるスマートフォン向けSoCとして「Snapdragon 855」を正式に発表した。Snapdragon 855は昨年(2017年)発表されたSnapdragon 845の後継となるフラグシップのSoCで、Snapdragon 845に比べてAI性能が3倍になり、Qualcommが「数カ月内に発表されたAndroid用の7nm製品」と呼ぶHuaweiのKirin 980と見られるSoCと比較して2倍の性能を発揮すると主張している。

 Snapdragon 855は、すでにQualcommが一昨年(2016年)発表しているSnapdragon X50 5G modemと組み合わせることで、5Gのセルラー回線に対応させることが可能。米国ではAT&T、Verizonなどの通信キャリアから5Gに対応された端末が2019年の前半に発表されると明らかにされた。

5Gはモバイルだけでなく、自動車やIoTなどさまざまなセグメントに拡大していく

Qualcomm 社長のクリスチアーノ・アーモン氏は、「2007年にSnapdragonブランドのプロセッサを投入して以来、成長を続けてきた。すでに市場には数十億台のスマートフォンがあり、今後はそれがモバイルだけでなく、自動車やほかの産業などに広がっていくことになるだろう。

 われわれは市場をドライブしていく責任があり、新しいテクノロジの時代を切り開いていく必要があり、これからは5Gへの移行を進めていく。5Gはモバイルを変えるだけでなく、さまざまなセグメントの産業で使われていくことになるだろう」と述べ、今回のSnapdragon Tech Summitで、新しいSnapdragonや5Gなどについて説明していくとした。

Snapdragon Tech Summitは今回で3回目となり、一昨年にニューヨークで行なわれたイベントではSnapdragon 835が、そして昨年同じくマウイ島で行なわれたイベントではSnapdragon 845とPC向けのSnapdragon 835が発表され、Qualcommにとって非常に重要なイベントに成長している。

 そうしたこともあり、今回のイベントの冒頭には、マウイ島があるハワイ州のデビッド・イゲ知事も駆けつけ、「ハワイは観光地と知られているが、このようなコンベンションも多数開催されているほか、スマートフォンが観光の振興にいろいろと使われている。5Gはモバイルだけでなく、ほかの産業も大きく変える可能性がある。自動運転、遠隔医療、教育といった分野でハワイでも力を入れていきたい」と述べた。自身が通信業界出身ということもあり、今後ハワイの経済の発展にも5Gが不可欠だという期待感を表明した。

ミリ波のアンテナソリューションを含めてOEMメーカーに提供

その後アーモン氏は、Qualcommの5Gの取り組みに関して説明し、「今後数カ月の間に、米国では5Gに対応したフラグシップスマートフォンを購入できるようになる」と述べ、Qualcommやパートナーとなる通信キャリア、端末メーカーが協力し、5Gに対応したスマートフォンを米国で2019年の前半に投入すると明らかにした。

そして、アーモン氏が紹介したのが、5Gの標準規格である5GNRに対応した同社のリファレンスデザイン(QRD=Qualcomm Reference Design)ベースのスマートフォンだ。

 アーモン氏は「このQRDベースのスマートフォンは、ミリ波に対応した5Gが動作している」とする。今回発表されたSnapdragon 855とSnapdragon X50 5G modemがベースになっており、ミリ波での通信が可能だと紹介した。

 5Gは、サブ6GHz(6GHz以下の周波数、現在のスマートフォンで使われている周波数)と、ミリ波(28GHzなどの超広帯域幅)に大別でき、QRDはより実装が難しいとされているミリ波で動いているとアピールした。ミリ波ではアンテナ構造などがサブ6GHzとは異なるため、安定した通信が非常に難しく、それをスマートフォンに入れるのは困難とされているだけに、競合他社に比べていち早く実現した優位性を示したかたちとなる。

アーモン氏は、日米欧中韓などの各国で5Gへの取り組みが進められていることをアピールし、たとえば米国ではサブ6GHzとミリ波を2019年から、欧州ではまずサブ6GHzからはじまり、その後ミリ波へ、中国でもまずはサブ6GHzからはじまり、その後周波数割り当てを待って、ミリ波のサービスを開始することが紹介された。

 さらに韓国では、すでに12月からデータデバイスからサービスが開始されており、第2四半期からスマートフォンのサービスが開始。日本では2019年にテストが開始されるなどの状況が説明された。

その上でアーモン氏は、「5GNRの開発には非常に大きなハードルがあり、そのたびに壁を乗り越えてきた。たとえば、ミリ波をスマートフォンに入れたいと言ったときには誰もが無理だと言ったが、実際にサンプルを作ってみせると、今度は小さくするのが無理だと言われた。だが、それも実際に小さくしてみると、今度は通信ができないと言われたが、それも実現してQRDを作って見せた」と述べた。

 同社が開発してきたSnapdragon X50 5G modemといったモデムチップだけでなく、いわゆるフロントエンドと呼ばれるRFに関しても、TDKから子会社を買収してまで自社のソリューションとして提供し、さまざまな取り組みを行なってきたことを説明した。

米国や英国の通信キャリアが2019年に5GNRのサービスインをアピール

そして「開発はわれわれだけでなく、通信キャリア、そしてOEMメーカーとの密接な協力にもとづいている。それらがあったからこそ実現できた」と述べ、その代表として米国の通信キャリアであるVerizonとAT&T、そしてイギリスの通信キャリアであるBT/EEグループを紹介。それぞれの担当者を壇上に呼んで、各社の5Gへの取り組みを説明した。

VerizonのCNEO(Chief Network Engineering Officer) 兼 ワイヤレスネットワーク責任者 ニッキー・パーマー氏は、Verizonがすでに10月から5G Homeという、5GNRではない独自の5G(プレ5Gなどと呼ばれる)にもとづいた家庭向けのモバイルブロードバンドサービスを開始したことなどを説明し、「2019年の前半にSamsung Electronicsの5G対応スマートフォン、Motorolaの5G対応Modsを2019年の前半に出荷する」と述べた。5G対応製品をできるだけ早く出荷していきたい意向だ。

AT&Tのワイヤレス製品マーケティング担当 上席副社長 ケビン・ピーターセン氏は「2019年には19都市で5Gを開始し、その後全国レベルに展開していきたい」と述べ、AT&Tも5Gを積極的に展開していくと述べた。

最後に登壇したBT/EEグループ 5G上級アドバイザー フォティス・カロニス氏は、「5G体験は4G+5Gで実現され、それにWi-Fiを加えればどこでも通信ができるようになる。BT/EEはまずロンドン、マンチャスターなど6都市でサービスを開始、その後多くの都市で展開していく」と述べた。

Snapdragon 855では、ディスプレイで指紋認証を行なう機能やAIの性能が大きく向上

ステージに戻ったアーモン氏は、「スマートフォンはユーザーにとって日常的に使うデバイスであり続け、今後もそれは変わらないだろう」と述べ、Qualcomm Technologies 上席副社長 兼 モバイル事業部 事業本部長 アレックス・カトゥージアン氏を呼び、同社の新製品であるSnapdragon 855に関する説明を開始した。

スーパーマンをイメージしたであろう「Super Snapdragon」のTシャツを着たカトゥージアン氏は、Snapdragon 855を公開し、「Snapdragon 855は第4世代のAIエンジンを搭載しており、前世代と比較して3倍の性能を持ち、数カ月前に発表された7nmで製造されているAndroid向けのSoCと比較して2倍の性能を持つ」と述べた。

 前世代というのは、昨年発表されて今年(2018年)のハイエンド製品に搭載されているSnapdragon 845なのは明白だが、数カ月前に発表された7nmのSoCについては、現状で該当する製品がHuaweiのMate 20 Proなどが採用しているKirin 980しかないので、その比較だと考えられるだろう。

カトゥージアン氏によれば、Snapdragon 855にはこのほか、コンピュータビジョンに対応したISP、同社によれば世界初となる画面が指紋センサーになる3D Sonic Sensor、新しいゲーミングプラットフォームとなるSnapdragon Elite Gamingなどの機能が搭載されており、オプションとして提供されるSnapdragon X50 5G modemを利用すると5Gをサポートできるようになる。ただし、この日はそうした概要だけで、詳細は明日以降の講演で説明されるという。

その後、Samsung Electronics America モバイル製品戦略・マーケティング担当副社長 ジャスティン・デニソン氏が登壇し、「5Gに対応したスマートフォンは2019年の前半に出荷開始する。今回のイベントではそのデモを行なう」と述べ、Snapdragon 855およびSnapdragon X50 5G modemを搭載したスマートフォンを来年(2019年)の前半に出荷する可能性を示唆した。

ギャラリー
カテゴリー
  • ライブドアブログ